急いでる時に限ってお腹壊すってあるあるだよね

今朝からお腹の調子が悪い。
普段はどちらかと言うとどっしり構えていて、少しくらいのマッサージや牛乳にびくともしない私の腸が、なんだか弱気な声をあげている。
せっかくいつもより早く起きて、朝の準備も万端で、ゆっくりコーヒーでも飲んで出勤しようと思っていたのに。爽やかなコーヒータイムは、聞くも哀れなトイレタイムに奪われた。
私の鋼鉄のお腹がこんなに弱気になっているところを見るのはいつぶりだろう。そしてその理由は‥?
私はすぐに思い立った。
牡蠣だ。
昨日、友人たちと一緒に牡蠣小屋へ行き、寒空の下にではふはふ食べたアレだ。それしか考えられない。
すぐに友人たちにメールをしたところ、やはり牡蠣がクロだった。全員漏れなくやられていることが分かり、私は暗い安心感に包まれた。
とはいえ、出勤時刻は迫っている。早く昨日の残骸を全部すっかり出してしまわなければ、あのラッシュは耐えられない。
腹筋に力を入れて体内に残る牡蠣の残党と戦うが、敵も中々しぶとい。もうダメだ、休もう。
今日はノロで欠勤だ。
そうと決めたらすぐに会社を電話した。
そして電話を切った時、憎っくき敵を倒していたことに気付く。これじゃあただの休みたかった人みたい、と思ったけど、それも間違ってないので、ありがたく腹痛のない純粋なズル休みを享受するべく、腕時計を外した。http://xn--lck0c6eya4bcc7209fuywa.xyz/